2017年06月11日

HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIY 3dp-20 購入と造形不良問題

お久しぶりです
4月後半ごろから新しい3Dプリンターを複数!購入しました。

本体とソフトのトラブルやファームウェアアップデート時の確認ミスで
外付けハードディスクのデーターが5年分消えたり、購入金額の計算ミスで
金欠と毎日ドタバタしてますが、
取り合えずZburash(一年ほどほったらかしでコマンドを
忘れている)でスカルプトした3Dデーターを印刷。


FDMbody1.JPG
此処、一か月は裸体ばかりプリントすることに。

手前のヌードボディを出力したのはHICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3
DIYキット未組立  アルミニウム 3dp-20

購入は最後になったが届いたのは2番目(ん?)


HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 1.JPG
これです。

最大印刷サイズは300*300*400mm!!!!!!


どのくらい大きいかと言うと!
HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 2.JPG
バーン!!!!!

12インチのファイセ・・じゃなくてTBLeague男性素体と比べてもこれだ!!



HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 3.JPG
正直、大きさなめてた・・・・・

貼ってあるのHICTOP 3Dプリンタ用 シート ビルドシート 214mm*214mm 2枚入り
ABS/PLA対応 300mm*300mmは無いようなので仕方なし

あ、元々はアルミビルドプレートの上に耐熱ガラスがクリップで
取り付けられています。



HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 4.JPG
DIYキットですが部品はほぼ組み立て済み
上下を組み合わせボルトをしめて数か所のコネクターを挿せば完成!

カラーボックスを組み立てるのとほぼ同じ程度の時間で完成します。

購入理由はオールアルミで剛性が高く 最小積層ピッチが0.05mm
最新型であり海外などで評価の高いCreality CR-10と同型であることに気づいた事
様々なフィラメントが使える事

何よりこの造形サイズで安い!


しかし最初はビルドプレートに全然定着せず樹脂の糸が大量に発生するという
3Dプリンターあるあるが発生(ちなみに私は初めて自分で見ました!中々ぞわぞわしますね!!
ちなみにダヴィンチ 1.0での造形不良では糸引きは発生せずABSの塊がノズル周りで
こねくり回される!!)
ステックのり、付属のマスキングテープ、両面テープ!もちろんAUTOHOME後の調整も行い
完璧!と思いきや矢張り定着せず、一度ビルドプレートの温度を上げて成功するも安定しない
それにPLAフィラメントでヒートベッド有りでしか成功しないのはどう考えてもおかしい!!!

なんとビルドシートでもダメ


Thickness gauge.JPG
結論を述べます 上のシックスネスゲージで測った所この3Dプリンター、ビルドプレートが
大き過ぎるため撓みが発生し四隅と真ん中ではエクストルーダーノズルとプレートの間に
1mm以上!!の差が発生、更にヒートベッドを使うと熱膨張か逆に歪み真ん中が高くなる!!


HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 5.JPG
解決策として四隅の高さを調節後、ナット二つで締めギリギリ入る高さに調節したボルトを
ビルドプレート下部、真ん中近くに潜り込ませる、段々きつく成りで中心部が盛り上がるので
高さが一定になります。ヒートベッドを使っても高さは安定 樹脂も定着し
ようやく安定してプリント出来るようになりました。


HICTOP  Reprap Prusa i3 3dp-20 7.JPG
他にCURAの印刷開始でエクストルーダ温度が下がる(ヒーターが切れる?)のでコントローラーで
あげ直したり(Reprap Prusa i3 では既知?) 
ABSで頑丈な大きなものを印刷しようとしても吹き曝しのこのマシンでは温度が早くさがり熱収縮が
大きく上の画像のようにおもいっきり反ってしまうので実は巨大な保温カバーが必要とか
(PLAなら問題なし)
同様の理由、更にビルドプレートが大きすぎてヒートベッドの温度が中々上がらない
コントローラーが大きく邪魔 更に爆音だという点を除けば



以下のように凄いクオリティのプリントが出力出来ます
FDMtrump1.JPG
フリー素材のトランプ大統領

右の二つがHICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 DIY 3dp-20 の出力品
0.05mmですが積層が見えない?正直ここまでとは思っていなかったのだ!!


その2に続く



   
 




posted by あーまろいど at 23:51| Comment(0) | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: