2017年07月11日

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer ヌードボディ&すげ替え編

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer ヌードボディ&すげ替え編
です。


DLP BODY3.JPG
D2K製ヌードボディーその2 色はまだら

設定はCWSファイルは以前のままなので矢張り大きな段差が発生

実は自作レジンタンクから漏れたのはダイソーオレンジ混合ではなく
pebeo vigrea Rose Pinkを混ぜたものでした。

その2は多めのピンク混合と少な目オレンジに同じ量の白色レジンを足した
ものを使用したはず・・・その3以降は更に白色を足したはずです。
(自分で忘れないよう覚書)


DLP BODY4.JPG
ヌードボディその3は薄いピンク系の肌色になりました。


しかも不思議なグラデーションが発生! まるでシャドー部分にエアブラシを
噴いたようになっている!!
何故、こうなったのでしょうか? 塗料の重さ?いやしかし・・・


硬化時間は以前の記事、最後CWの設定画面のはずです
そして段差はほぼなくなりました。と思いきや・・・・


DLP BODY5.JPG
ぎゃーつ!!、背中の積層が剥がれとる・・・・否これは当たり前!

背中とおしりの最も高い部分にサポートが付いていなかったのだ

ここでサポートが多くなるのを避けるためヌードボディのプリント時
のレイアウトを縦に変更

ちなみに今まで横だったのはプリント時間を短縮する為
DLP等の画像を映してUVレジンを硬化させるタイプの3dプリンターの
造形時間はX,Yの面積にほぼ影響されません!全面露光しても一部露光でも
同じ一層です、例えばこのヌードボディを4つ同時にプリントしてもかかる時間は同じ!

しかし向きを縦にするとスライスの積層が増えてプリント時間はほぼ3倍!

DLP BODY6.JPG
ヌードボディその4はかなり良好です!

しかし横の時になかったみぞおち付近のずれらしきものや

DLP BODY7.JPG
下半身の段差とお尻の荒れがテフロンシートに大きなダメージが出ている為
かはまだ確認していません。


DLP BODY8.JPG
そして付属UVレジンの粘性が高い為、穴を開けた部分のレジンが流れず硬化しているのも
問題です。

またクリエイションワークショップの作るサポートはモデルの一部をブリッジする事
が出来ず、ボールジョイントは歪んでいます。



DLP BODY9.JPG
figma archetype next:she との比較

結局このボールジョイントや腕や首のジョイント穴はそのままは使えず
径を広げたり切り飛ばして市販品を付けたりして


VALKYRIA  nude1.JPG
ヴァルキュリアさん登場!



VALKYRIA  nude2.JPG
ガイバーの蝕装システムではそうならないと言うのはやぼです!!


VALKYRIA  nude3.JPG
ウイッチブレイドに見えなくもない?
ウィッチブレイド自体が
ガイバーUフィメールファンタジーVerが元ネタと踏んでいるんですが・・・・


VALKYRIA  nude4.JPG



VALKYRIA  nude5.JPG



VALKYRIA  nude6.JPG



VALKYRIA  nude7.JPG
生足だとこうなります

続いて・・・


fujiko nude1.JPG
謎の?女 峰 不二子!


fujiko nude2.JPG
正直 フィギュアーツ不二子は頭部大き目でアーキタイプやボディちゃんすげ替え
だと胸も小さめで全体的に貧弱に見えていたのでこれはいいかも!

しかし下半身ボリュームが未だ足りないのはビックリ!
プリントを繰り返しながらどんどん大き目にモデリングが変わっていった
はずなのですが
まだまだ改善していかなくては!!




fujiko nude3.JPG



fujiko nude4.JPG



fujiko nude5.JPG


以上
D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer ヌードボディ&すげ替え編
でした。






  








posted by あーまろいど at 22:39| Comment(0) | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer WIFI版 実験編

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer WIFI版 実験編

前回の不具合修正の直後HICTOPの3Dプリンターが到着
一か月ほどD2K ILLUMINATE は動いていませんでした。

NUDOBODYもある程度形になったので幾つかの実験を始めようとしましたが・・・

なんとLCDが全く動作しなくなる不具合が発生!!(実はたまにありましたが設定不良かと・・・)

今回はラズベリーパイとLCDを繋ぐHDMIの断線を疑いまして確認すると
結構無理な曲がり方で接続されていました!

繋げなおすとLCDが点くときと点かない時が有る・・・・

逆にして無理に曲がっていた所を楽に(?)した所、完全に直った!!

まあ原因は特定されたので次に発生した時はHDMIケーブルを交換だ。


DLP 3Dprinter resin fail2.JPG
付属レジン(粘性が在るタイプ)と洗浄用イソピルアルコール

何故かあった、すり合わせ瓶に入れた所雰囲気出過ぎ!

紫外線硬化樹脂を使う3Dプリンターで作業しているとFDM 3Dプリンターの工業感とは違い
科学実験か錬金術のようです!

さしずめビルドプレートにしっかり張り付いたラフトは賢者の石か!?


DLP 3Dprinter resin fail1.JPG
謎のレジン板 大量に出来た失敗作の塊です。


ビルドプレートにレジンが定着せず、或いはレジンタンクのテフロンフィルムに張り付いて
仕舞うことにより生成(失敗した賢者の石?)

硬化時間(UVランプの照射時間)設定が重要

不具合発生の為、印刷中止も繰り返し設定ミスかなと繰り返した結果が後ろの透明レジン

手前は今回の実験
NUDOBODYの作成に当たり付属の白色レジンにダイソーや手芸用品店で購入した
UVクラフトレジン用の顔料や染料を使いレジンを肌色に出来ないかのテストで
出来ました。

これはDLP 3DプリンターはUVレジンの色や透明性でも硬化に掛かる時間が
変わってくるので仕方なし

更にD2Kのレジンタンクはアルミ削り出しで強固ですがform2等のアクリルVAT
の様に透明ではないので印刷が進むまで失敗が分からないのです。

この大量生産レベルの印刷回数によりテフロンフィルムのダメージが大きく発生
一部が盛り上がりました!!


ここで実験その2
resin tank DIY.JPG
レジンタンクを自作してみました。

HICTOP 3Dプリンターで作成
ABSは反って失敗を繰り返し結局PLA製になる。

一枚1000円近い専用テフロンシートに代わり100均のiPad用保護フィルムを使う


隙間は無い様で本体のレジン漏れはなかったが・・・
(貼り付けは布に使える強力両面テープ)

DLP BODY2.JPG
おおっ!形がでています(途中までなのはレジンが少なすぎたから)!

硬化時間をかなり長く設定したので硬化したようですが
変な段差が・・恐らくフィルムに張り付いたものが無理に剥がれて造形される
ギリギリの設定だったのでしょう、これでは長すぎると判断しました。

ちなみに色は白色レジン80mlにダイソーのオレンジをマドラースプーン一さじ
黄色い・・・

そしてDIYレジンタンクですがフィルムは伸びてしまった。
硬化時間が長過ぎるのも在るのでフィルムに無理がかからない設定でどうなるかは未確認
何故かと言うと・・・・・

ストッパー用の穴の部分が狭すぎて両面テープがレジンの重さに耐えられなかったのだ

ええ、大惨事でした・・・・
本物は上下でのばしながら挟んで大量のネジで固定してあるようです。

取り合えずテフロンシートを5枚注文しつつ
騙しながら純正を使おう。


そして
DLP BODY1.JPG

その4につづく


  






posted by あーまろいど at 00:01| Comment(0) | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3Dプリンター レビュー 不具合修正編

D2K ILLUMINATE DLP UV-LED 3D Printer WIFI版 不具合修正編です。




DSC_0583.JPG
取り合えず印刷は成功
これはz解像度0.05mmだったかな?

素晴らしいクオリティです。これを見ると紹介画像のベノムさんとかも
実際にD2Kで印刷されたものと考えて問題ないでしょう

KDL-1260の紹介画像に同じものが在るのは同じプリンターなので当然



しかし数度印刷していくとおかしな点に気付く
Creation Workshop1.png
先ずはスライサー

Creation WorkshopのLCD解像度が変ですね。
自分で変更は出来ませんでした。

届いたD2K ILLUMINATE はWIFI版で接続はLAN端子のみ
初期型?のHDMIとUSBタイプは自分では変更できるのかもしれません

他Z軸のストッパーが改善されているようです。

此処からD2KサポートのJACKさんとgoogie翻訳を
使いメールで相談(対応自体はとても早く好感触)

メールはもっと頻繁ですが問題点修正時のみ書きます。



1回目 Dropboxで改造度の修正版が届く
Creation Workshop2.png
印刷 画像のヌードボディはこの時点では作成していないので参考です。

此処でとんでもない不具合が在ったことに気付く!!!
Creation WorkshopとLCDのX軸とY軸が逆転していたのだ!!!
(思い出せば最初からそうだった・・・・・)
つまり画像のように縦に配置するとプリントされた物は横になる。
横に大きなものを配置すると上下がカットされてしまう!!


2回目
ドロップボックスで今度はphotonic 3d修正版と焼きこみソフトが届く
本体を開けマイクロSDを抜いてファームウェアを焼き直して戻せと・・

中にはRaspberry Piが入っていました。
制御ソフトのphotonic 3dはフリーソフトなので
やる気があればどこの中小企業でもLCDを使うDLP 3D printerは
低価格で製造可能でしょう。

それでは結果・・・・
3Dプリンターが動かない
このphotonic 3dは壊れていた・・・・・
更に何度も焼きこみを繰り返した結果・・・・・
いつの間にか外付けハードディスクにphotonic 3dを焼きこんでいた。
データが全て消えました!!!!
ぎゃーーーーーーーっ!!!!!(絶対にフォーマットはしていない)
焼きこめる物なのですね・・・・・

3回目
今度は壊れていないが何故かデーター量が倍増
入っていたmicroSDでは焼きこめないので買いに走る

今回はphotonic 3dのX,Yを入れ替えたようで
photonic 3dでのスライス画像が90度回転
しかしLCDの画像は以前と変わらないという怪奇現象!!!


4回目
力技できました。
Creation Workshop3.png
先ほどとの違い解りますか?

はいクリエーションワークショップ側のレイアウトも
XとYが入れ替わりました。

これ自分で試そうとして比率が1対1にならず辞めてたもの


Creation Workshop4.png
届いたCreation Workshopは画像の比率が1対1に成っています。

結果は
成功です!!!
ホントは変なんだけど
フォトニック3Dでは同じく縦に(以前と変わらない)なりますが
LCDのスライス画像はレイアウトと同じになりました。




Creation Workshop5.png
最後に覚書

Creation WorkshopはエクスポートスライスCWSにチェックしてスライスしないと
正しいCWSファイルが作成されません(一見スライスされているようにみえるのが
ややこしい)
下の3つはチェックするとスライス時間が長くなります!

スライス前にセーブしてからスライス後にもう一度セーブしないとダメというのも
勘違いに拍車をかけるのだ!!

その3に続く



  






posted by あーまろいど at 00:55| Comment(0) | 3Dプリンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする